自宅で3分!簡単!ニキビ・敏感肌の洗顔料おすすめランキング!

にきび・敏感肌の洗顔料のおすすめをランキングにしました。安いもの、市販のもの、メンズ、レディース、混合肌などのものも合わせて紹介します。もちろん口コミ・評判も!
MENU

肌が弱くてもOK!ニキビ・敏感肌に効果的な洗顔料BEST5!

 

敏感肌やニキビ肌だと毎日の洗顔がつらいですよね。
肌にちょっとしたことで刺激が加わると、肌が赤くなったり肌荒れをしてしまうことになります。
せっかくスキンケアをしても肌が傷ついてしまいますのがつらいです(-_-;)

 

敏感肌の洗顔はすごくデリケートなんですよね。
毎回、毎回、、気を使ってしまいます。
で、、、洗顔をする時には「洗顔料」を使います。(当たり前のことですが(笑))
だから、洗顔料選びがとても大事になってきます。

 

そこで!洗顔料選びのポイントをお伝えします。
特に重要なポイントを5つ厳選してみましたので、参考にしてみてください。

 

 

敏感肌の洗顔料選びの5つのポイント

 

 

界面活性剤が含まれていないもの

界面活性剤は何種類もありますが、そのすべてがダメというわけではありません。
敏感肌にNGなのは洗浄力の強い洗顔料。(古い角質だけでなく、肌のバリア機能も壊してしまうから。)
まず、使う石鹸ですが、洗顔フォームより固形石鹸を選びましょう。
実は洗顔フォームには界面活性剤が入っていることが多いので、固形石鹸で、固形素子となっているようなものなら安全です。
しっかり泡をたてて、泡で洗うようにするといいです。

 

無添加のもの

パラベン、アルコール、着色料、香料が含まれていないものがおすすめです。
天然の成分が含まれているものがおすすめ!

 

ピーリングやスクラブ洗顔は使わない

もし肌のざらつきが気になっても、ピーリングやスクラブ洗顔は使わないようにしましょう。
こするような洗顔も避けたほうが良いですね。
それだけにピーリング効果のある洗顔料は使わないようにするのが無難です。

 

しっかり保湿出来るもの

洗顔石鹸は、固形石鹸で無添加のものが良いのですが、保湿成分は入っていたほうが良いです。
洗い上がりがつっぱるような感じがするものではなく、しっとり洗いあがるような石鹸を選ぶと良いですね。
セラミド、ヒアロルン酸、プラセンタなどが含まれているものがおすすめですよ。

 

しっかりと泡の立つもの

洗顔は、泡で転がすように洗顔するとのことですが、しっかり泡が立つことが前提です。
ですから泡立ち豊かできめ細かいものをチョイスすると良いでしょう。
インターネットでも調べて、どんな石鹸が良いのか、口コミをチェックしてみるのも良いですね。

 

 

敏感肌の洗顔料のおすすめランキング

 

 

米肌 肌潤石鹸

ホイップクリームのような泡立ちをする石鹸です。
さらに、洗顔中に泡がつぶれにくいです。
アレルギーテスト済みですので、アレルギー反応も起きにくいです。
あと、保湿成分も豊富に含まれていますので、肌がうるおいます。
お米と発酵成分で、肌機能を向上してくれるので、化粧水の浸透力もアップします。

価格 容量 評価
3,500円 80g ニキビ,敏感肌,洗顔料,ランキング,口コミ,おすすめ

 

VCOマイルドソープ

自然界に唯一存在する母乳成分を使用してます。
もちろん天然成分を使用していて、無添加、無香料ですので、
肌にやさしいですよ。
VCOの保湿効果と、ヒアロルン酸がつっぱらずしっとりとした肌にしてくれます。
泡立ちも濃密で、生クリームのような感じです。

価格 容量 評価
1,423円 85g ニキビ,敏感肌,洗顔料,ランキング,口コミ,おすすめ

 

ヴァーナル もち肌洗顔セット

クレンジング石鹸、美容液石鹸、泡立てネット、石鹸置きのセットです。
18種類もの保湿成分が含まれていて、肌にうるおいを!
クレンジングとのセットですので、両方とも探していた人におすすめですね。
天然成分を使用しているので、敏感肌でももちろんOKです!

価格 容量 評価
1,980円

クレンジング石鹸:30g
美容液石鹸:30g

ニキビ,敏感肌,洗顔料,ランキング,口コミ,おすすめ

 

AHGフェイシャルソープ

アボカド果実、ハチミツ、ヤギミルクを配合した石鹸です。
無添加ですので肌にとても優しいです!
かゆみ、肌荒れ、手荒れなどで悩んでいる人におすすめです。
使用感としては、甘い香りがして、保湿に優れているイメージ。
天然成分の石鹸を探している人に向いています。

価格 容量 評価
3,780円 80g ニキビ,敏感肌,洗顔料,ランキング,口コミ,おすすめ

 

NonA(ノン・エー)

 

 

ニキビを予防するための石鹸です。
もちろん敏感肌にも効果を発揮します!
泡がきめ細やかなので、確実に毛穴を洗浄してくれます。
泡の弾力も改善されていて、従来の4倍の弾力があるので肌にやさしいです。
ニキビ+敏感肌に悩んでいる人におすすめですよ。

 

価格 容量 評価
2,940円 100g ニキビ,敏感肌,洗顔料,ランキング,口コミ,おすすめ

 

 

敏感肌の洗顔料を使う時の注意点!

 

ゴシゴシこするのはNG

 

洗顔をする時に肌を擦るように洗っていませんか?
もし、そのような洗顔をしているのならすぐにやめましょう。
洗顔料でしっかりと泡をつくって軽くプッシュするようなイメージで洗顔をしましょう。
手と顔が接触しないように注意深く洗顔するのがコツです。
もちろん、洗顔をし終わった後にタオルで顔を拭く場合も同じ。
ゴシゴシこするのは絶対にやめましょう。

 

 

 

汚れた手で洗顔するのもNG

 

洗顔をする前に手をしっかりと洗いましょう。
汚れた手で顔に触ると、それが肌に刺激を与えてしまい肌荒れの原因になります。
まずは洗顔料を使う「手」をきれいにすることを心がけましょう。

 

 

 

肌質は生まれつき?

 

ある研究のデータによると人の肌質は遺伝が2割〜3割だそうです。
残りの7割〜8割が毎日のスキンケアに依存するみたいですね。
つまり、、、ちゃんとスキンケアをしていけば良質な肌をキープできるってことなんですよ。
健康的な肌を作るためにも日々努力していきましょう。

 

 

 

洗顔はダラダラしないのが良策?

 

洗顔は1分以内に済ませるのがいいとされています。
というのも徐々に洗顔料の洗浄成分が肌を破壊していってしまうからです。
(大体、5分くらいで角質層を破壊し始めます。)
ちょっと怖い気がしますが、、、事実です。
できるだけ、早めに洗顔を済ませてしまいましょう。

 

 

 

ぬるま湯洗顔もアリですよ!

 

何もしていなくても肌が痛い状態の人は「ぬるま湯洗顔」がおすすめです。
このような状態の場合、低刺激の洗顔料でも刺激を与えてしまいますので。
やり方としては、体温よりも少し低めの温度のお湯のみで洗顔します。
大体30℃〜35℃くらいです。
洗顔料を使ってないから気になるかもしれませんが、極度の敏感肌の人が顔の皮脂を落とし過ぎると、
よけいに刺激を与えて逆効果になってしまいます。

 

 

 

熱いお湯、冷たい水での洗顔はNG

 

熱いお湯は、肌に刺激を与えてしまいますし、
肌の皮脂を必要以上に落としてしまいます。
そうなると、外部からの刺激に対して無防備になってしまんですね。

 

冷たい水の場合も厚い水の場合と同様で、肌に刺激を与えてしまいますし。
乾燥肌の原因にもなります。
乾燥肌は外部の刺激に対して弱いので、できるだけ急に冷やすのはやめましょう。

 

 

 

石鹸の管理も徹底する

 

洗顔に使った石鹸を湿気の多い場所に放置していると雑菌が繁殖しやすくなります。
そうなると雑菌を顔に塗ることになります。
なので、、、できるだけ風通しの多い場所におきましょう。
あと、スポンジを活用するといいですよ。
スポンジは石鹸の水分を吸い取ってくれるので、石鹸置きの代わりに活用しましょう。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ
厳選ライブチャット情報案内サイト